pre-posi blog

イラスト・写真・ニコニコ動画など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

true tears 第9話 感想 はい、ありがとうございます。

※これは3/2日に書いた記事のほぼ同じ内容のエントリです。
 携帯で記事をいじっていたら間違って消してしまいましたので再掲載しました。

 ……FC2ブログ携帯版、削除確認メッセージを出してくれればいいのに。(携帯ユーザーからウザイと思われるのかなぁ?)


前回、愛子が撃沈して
自分も撃沈してしまいました。


今回、
愛子が出てきません。


true tears vol.3true tears vol.3
(2008/05/23)
石井真、高垣彩陽 他

商品詳細を見る



……ふぅ。



さて今回のポイントは


・比呂美さん、それはたき火ではありません。
・眞一郎くん、それはのぞきです。
・四番、事故証明はお早めに。(この場合いらないのかな?)。
・運転手さん、富山弁のコツは「が」にアクセントを置くことです。
・TOMOYO! TOMOYO! TOMOYO! TOMOYO! TOMOYO!
・高岡キャプテン!高岡キャプテン!高岡キャプテン!高岡キャプテン!



・愛子は予告のみ。


true tears vol.3true tears vol.3
(2008/05/23)
石井真、高垣彩陽 他

商品詳細を見る




……ふぅ。


でも、今回はママンが良かった。


なんかあっさりとしたような母親から比呂美への「告白」だったわけですが、
true tearsという作品は意図的に二者間の「すれちがい」(そしてそれの原因としての個人の「内面」と「外面」のズレ)を愚直に描いている気がするわけでして、
「大人の小さなウソ」が「子供の大きなウソ」になる非対称性をここで描きたかったのかな?と解釈しています。

ただこの「あっさり感」を「二者のすれちがい」として今回の視聴者側にわかりやすく伝えるには
母親の「内面告白」を同じ話の中で語るべきだったのでは、と思います。


おそらく母親の「内面告白」はこの後の話での重要なパーツになるはずなので、
(現在の主人公とヒロイン達の関係のアナロジーとして使用するために、眞一郎両親と比呂美両親との話が出てくると思いますので)
DVDなどで全話を一気に見た場合はこの「あっさり感」は解消されるのではないかと期待している訳で。


母親が比呂美に告白した際の「バックの握りしめ」カットがこの後の母親の「内面告白」の前ふりになっているのではないでしょうか。
このアニメは「短いカットに演出を越えたのメッセージが込められている」という作品なのかどうかは判らないのですが。


あと、気になったのは雪の描き方。

冒頭で四番と比呂美がのるビックスクーターが走った道路の両側の盛り上がった(結果的に二人が飛び込むことになった)雪は、
降り積もった雪というよりも、多分大型の除雪車などで掻き上げられた雪なのではないかと思います。
雪国(とくに城端のような山間で流通拠点と結ぶ主要道路が数えるほどの地区だと)では除雪車はライフラインを確保するための冗談抜きの「命綱」なので、かなり敏感に動きます。

というかね、
北陸の雪は水分を多く含んでいてスリップしやすいので
バイクでの走行は危ないと思います。
雪国といってもどこも同じような性質の雪がふるわけではないわけで。

上のことを書いていて思い出しのですが、
比呂美の「服もどろどろ」という台詞からのバイアスのせいかもしれませんが、
今回は北陸独特の「水分を大量に含んだ雪」をうまく描いているな、と思いました。
なんていうか「ごびりつくように積もる」んですよ、北陸の雪は。

(公式ブログで高岡古城公園への訪問がありましたが、この時期の高岡古城公園への訪問はあまりおすすめできません。地元の人でもあまりいかないのでは?というかあのあたり除雪されてるの?
 たこ焼き屋と高岡古城公園が出たんだから
 ついでに高岡大仏をださないかな?かな?)

比呂美が眞一郎両親とアイスを飼うシーンでの
あのアスファルト道路の描き方に「あるある」とうなずいてしまいました。

 ・道路のセンターライン上に雪が残って、道路が全面的に濡れている感じ。
 ・商店街の歩道で中央のアスファルトが見えていて、その周辺に足跡やら自転車やらの跡が残っている感じ。
 
 あるある。


 そういえば雪国の人間って
 真冬ではアイス食べるよな……。
 昔、高岡の知り合いの家に行ってアイスを出されて
「これが高岡のカルチャーか……」と衝撃をうけたことがありました。



 ふと気づいたのですがこの作品って、今まで「駅」と「列車」が出てきていないんですよ。
 これは意図的なものなのかどうかはわかりませんが。

 高岡駅の発着メロディってアンビエントっぽくて好きなんですが
 どこかで使ってくれないかなぁ。

テーマ:ture tears - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/03/03(月) 05:20:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

true tears 第7話 感想 そんな展開、ありえない

今回はストーリー全体の流れの中でシフトチェンジをかけた回かな?

ポイントとしては

・眞一郎、ベルト返してもらった。
・比呂美、正当防衛。
・乃絵、いろいろなところが熱い。
・四番、いろいろ大変っすね。
・三代吉、行動がリアル過ぎ。
・愛子、カウンターアタック。

乃絵が「イエスタディをうたって」のハルと重なって見えたり。
物語のなかの「リアル」をいつでも「あんなの偽物」と純真に言うことができるポジションがそう見せるのかな。

眞一郎が地面の上に「描いた」あのメッセージ。何かのフラグになるのでしょうかね?
あのメッセージの「純真さ」が「ハチミツとクローバー」のラストのサンドイッチのようなものになるのかもしれないと思うと、また無用に胃が痛くなります


先週だってあまりにも気が重くて「バカとテストと召喚獣」を読むことでなんとか精神的バランスをとってましたし。このアニメは本当に鬼や……。
なんで、たかがアニメにここまで感情移入しなければならないのかと自分を問い詰めたい気分ですが、そういう力が「true tears」にはありますよ。やっぱ。


一番人気が無いかもしれないけど、安藤愛子がtrue tearsのヒロインの中で一番好きです。
今回のカウンターアタックだって、リアルうんねんよりもある種の「捨て身の美学」を感じてしまいますもん。

なんかねー、愛子の言動を見ていると「うんうん、そうだよね」と頷きたくなるんですよ。
……現実に愛子のような行動をとる娘がいたら「ちょっと待て。三代吉本当にいいヤツだから。いいか、恋愛は『好き』だけじゃ駄目で……」とか言って説教しそうですが。うぜぇなぁ、自分。


それはともかく、
なんかアニメやゲームの「雪が降る」シーンっていうのはいいですよね。
あのふわぁーとした感じが気持ちいいっす。

テーマ:ture tears - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/02/17(日) 03:29:41|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

true tears 6話感想 すごいこと、おしえて、あげよっか?

愛子爆弾は不発でした。
しかし爆弾処理中の三代吉が不慮の事故で……。

やっぱり今回の見所は比呂美の逆走ではなく、
三代吉と愛子の「切なさ」でしょう。
眞一郎と交わした「アホか……」という三代吉の言葉が深すぎる。


favore!

だめだ、あのシーンはだめだ。
涙腺が緩む。

正直にぎこちなく、ココロを告白した愛子も好きだ。
強く、ただ強くあろうとした三代吉も好きだ。

好きだ。とても好きだ。
この二人がやっぱり自分は好きだ。


でも、
……たまには高岡サティやイオン高岡のことを思い出してあげてください。


true tearsの
忘れた頃にやっていくる生々しさが、
怖くて、心地よい。

画面を見る我々の視点(=カメラ)が、もしも神の視点ならば
なんて残酷な神、なんと残酷な我ら。


走り出す比呂美。
胸揺れが気になるバスケ部員をかわし、
何も知らない無垢な同居人を威嚇し、
一時の逃げ場所とした仮定の人物の現実の手から逃げ出し、
月光から吐き捨てた言葉とともに逃れ、
涙をその逃亡の痕跡として残して戻ってきた所は
元の場所。


少女の涙の水たまりが深いわけじゃない。
true tearsが覗かせる世界の底が見えないだけなのだ。


さぁ、どこに墜ちたい?




しっかし、
ファボーレ(笑)があんなドラマテックな場所になるとは……。

ママンも結構好きなんだよね。思いこみが激しいって言ってもさ、誰にだってココロに譲れない一線っていうものがあるでしょ?
そこは個人の実存と深く結びついているとしても、他人からみれば結局は「思いこみ」なんだよね。
同じ「思いこみ」をもった人が集まれてばそれが「真実」になるかもしれないけど、
でもそればアウトサイダーからみれは、やっぱり「真実(笑)」になっちゃうわけで。

アウトサイダーを気取りたい中二病の人にニーチェ的なものがウケルのは、そのあたりにあるのかもね。
でもニーチェ的なものだって「真実(笑)」なのかもしれないけど。

話がずれたけど
ママンは「ある人を嫌うことで自我がコンプレックスで潰されてしまうことを防いでいる」女性だと個人的に脳内補正している。
ママンも見えない敵と戦っているのさ。個人的脳内補正像だけど。


いやーこのアニメ本当におもしろいわ。

テーマ:ture tears - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/02/10(日) 02:44:08|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

true tears 第5話 感想  TOMOYO!

ガチ修羅場の足音が聞こえてきました。


Bパートの演出に一瞬「あれ?放送事故?」と思う。
あれあれ?と思ううちに、あわわわわわ……と動揺する。



・いたよ。/いいよ。/開けないで。
・眞一郎、フラグつぶしを順調に消化。
・攻めに定評ある愛子の浮上可能性が増大。
・比呂美が黒い。
・その後のアルバムも黒い。
・じゃ、そういうことで。
・TOMOYO
・三代吉ぃー!

な回でした。
他には

・94年が過去?作中はいったい何年?
・眞一郎の「フィルムの写真かぁ」の台詞。ああ……デジカメの写真ならPhotoshopとかでちょちょちょいと消せますねぇ、今の時代。眞一郎の台詞であのアルバム写真の演出手法はフィルム時代にしか使えないことを知る。
・眞一郎と比呂美の下駄箱のシーンで、背景音の女子生徒声「ゆかり~!」が自分をなつかしさで身もだえさせる。
・タコさんウィンナアァァァァァァ。



いやぁーマジおもしろいわ、これ。

テーマ:ture tears - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/02/03(日) 02:09:18|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

true tears 第四話

ファボーレ(笑)

愛とそこいくかー。
自分で「お姉さん」って言っちゃダメだろー。
あー、もぉー、あー、もー。


城端線・氷見線から思いっきり外れてるよ。
イオンモール高岡なら城端との位置関係的にリアルだったのに。

三話を見直してると
何か風景に砺波平野の散居村の風景が混じってる?ような気が。
土地の片面に防風林を備えた家が散らばっている感じってあそこらへん独特のものなのかなあ?

テーマ:ture tears - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2008/01/27(日) 03:28:02|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。