pre-posi blog

イラスト・写真・ニコニコ動画など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蒼の教室 #6

■6■

 あたしはしばらく現地の病院に入院することになった。
 白衣と迷彩服を着た人たちが行き交う病院の個室ベットにあたしは眠っている。
 身体中に包帯をまかれている今の状況では身動き一つとるのも大変だ。

 明日には両親が飛行機でこの国にやってくる。そのままあたしを連れて帰る予定だ。


 先生とクラスメイトを乗せたバスがなぜ大爆発を起こしたのか、その原因はまだ発表されていない。事故なのか、事件なのかそれさえもはっきりしない。あたしは何も知らないのだ。現地に残った外国語教師はあたしに新聞もテレビも見せようとはしないし、あたしもそれを求めることはしなかった。

 ただ事実としてあるのは、バスが大爆発をしたこと。乗っていた先生もクラスメイトも全員死んでしまったこと。バスの外にいたあたしも飛び散った破片などで大けがをして血まみれだったこと。


 みんなが死んでしまったことがまだ実感としてわかない。
 なんとなくそうだろうな、とは思う。あの変な夢を見たせいだろうか。
 それでもこの病室を抜け出せば、そこにクラスメイトがいるような気もする。


 今、病室には誰もいない。

 個室内に注がれる太陽光がキレイだった。


 その時、ドアが開く。
 入ってきたのはベージュ色の迷彩服をきた金髪女性だった。
 見覚えのある人だ。確か、バスの前で血まみれだ倒れていたあたしを介抱してくれた人だ。
 あわてて周りに目をやる。どんなに探しても通訳をしてくれる外国語教師の姿は見えない。早く来て欲しい。


「どう? 独り生き残った感想は?」


 彼女の口から発せられたのは外国語ではなかった。言葉が分かる。
 その事に驚いた瞬間、もっと驚くことが起こった。

 彼女が来ていたベージュ色の迷彩服が一瞬にして学校の冬服制服に、そして肌の色も白く顔つきも幼くなった。その姿はあの奇妙な夢の中で出会った転校生の姿そのものだった。


「驚いた? 大溪さん。
 あの夢の中に出てきた人間と同じだって」


 あたしは言葉がでない。
 ただベットの中で硬くなっているだけで。


「わたしはねー、『死神』なの。この辺りを管轄する。
 普段はここまで関わらないんだけどねー、珍しい外国の人だったからちょっとちょっかい出しちゃった♪

 まぁー、ちょっと悪いことしたかなーとか思ったから、あなたに良いこと教えてあ・げ・る♪」


 にこにこ顔のまま彼女はあたしに近づいてくる。
 そしてあたしの顔をのぞき込むと、すっと真面目な顔をする。


「あのバスが爆発した原因はテロよ。外国人観光客を狙ったのね。
 もう少しで犯行声明が政府に届くわ。当然大騒ぎとなる。
 あなたはこれから多数のマスコミや政府や政治関係者を相手にしなくてはならない。
 関係のないことまで聞かれ監視され、そのために周りの人から煙たがれることもある。
 あなたは単なる生存者から否応なく『文化的シンボル』となるの。
 他人に大きな影響力を与える人間になるの。その影響力を利用したい人たちはいっぱいいる。
 ひどく息苦しい生活がこれから先ずっと続く。親切な笑顔が信じられなくなる。人が信じられなくなる。ただ独り生き残ったことで、他の遺族の理不尽な恨みを買うこともある。
 それらにずっとあなたは耐えていかなければならない。あの時死んだ方がよかったと思うときがくる。それでも耐えていかなければならない。
 この意味わかる?」


 彼女はばさりとその金髪を広げると、両手でどこからか現れた大鎌を持つ。


「それが嫌なら今すぐ命を刈り取ってあげる。
 大けがをして表面に現れていない原因で後日死亡するのはよくあること……」

 シリアスな表情でそう言ったあと、さっと音もなく大鎌を構える彼女。
 しばらくして、彼女はん?とも擬音がつきそうな戸惑いの表情を浮かべた。


 それはあたしが部屋に降り注ぐ太陽の光のもと、にっこりと笑っていたからだろう。


「嫌です。

 あたし、死にたくはありません」


 確かに彼女の言うとおりの苦難が待ちかまえているかもしれない。
 でも、あたしは、生きたい。

 これまで病院のベットのなかで何度もあの爆発の瞬間を思い出した。
 とても苦しい記憶だった。あたしはいろいろなものを見てしまっていて、それが記憶の中で消しようもなく刻まれているのだ。

 でもその記憶の沼に引きずり込まれそうになったとき、心には別の記憶が読み上げる。
 それはあの夢の中で見た教室の風景。クラスメイト達がいるあの美しい風景。
 あの美しさがが心のささえになっている。

 あの蒼の教室があたしを生かしてくれている。


 さびしい。
 でももう大丈夫だから
 ありがとう。



「そう……仕方がないわね」


 彼女はふっと苦笑して大鎌を戻した。


「じゃ、帰るわ。

 Bon Voyage!」


 彼女はそう言い残した後、すっと音もなく、光と混じり合うがごとく、かき消えた。
 まるでその部屋には最初からいなかったかのように。
 まるでたちの悪い白昼夢のように。

 その後、あたしは彼女の姿を見ることはない。


END
スポンサーサイト

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/05/11(日) 14:42:46|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<重要なのは乳首じゃない。谷間なんだ。何故分からないのか、君はっ! | ホーム | 蒼の教室 #5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pozipozi.blog25.fc2.com/tb.php/82-b473c2f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。