pre-posi blog

イラスト・写真・ニコニコ動画など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日のNovelsM@ster 「【アイドルマスター】ハジメテノオト」

【アイドルマスター】ハジメテノオト


初音ミクの初期のメジャー・チューンである「ハジメテノオト」をベースにしたアイマス。

「ハジメテノオト」を「はじめて・の・おと(初めての音)」と読ませず、
「はじめて・のおと(初めてノート)」と話し手である春香に強引に読ませるテキスト手法に「ほほぉ」とニヤニヤする。
このダブルミーニングを「発見」した段階で制作Pはガッツポーズをしたことだろう。

話としてはシンプルで、
孤独の中、歌に対する意欲を失いかけてきた春香が
偶然目にした過去の仲間との思い出の品から次へのステップを「発見する」、というもの。
「知っているモノから知らざるコトを見つける物語」と書けば、「青い鳥」など過去作品のモチーフを媒介としたある種のラインが見えてくるかもしれない。でもそれはちょっと荷が重い。
(過去の作品との反響関係を仮定する、ということもやりたいんだけど残念ながら自分にはこの手の教養がない。)

注目したのは「発見」した後に流れるシークレット・チューンの位置づけ。

この作品においては「ハジメテノオト」は前座だと思う。いわゆる「温め役」だ。
主役は語りのプロセスを通じて感情的な高ぶりに達したとき、流れる「あの曲」なのだろう。

で、この曲の出現が一種の「どんでん返し」を成立させたと自分は思う。
「どんでん返し」を行うのは登場人物や物語状況ではなく、作中にかかる曲だった……ということが妙に感動してしまった。

曲そのものが「キャラ」になっちゃっている。
確かに曲が「キャラ」になるのは珍しいことではないんだけど(加藤茶の「ちょっとだけよ」にかかるPEREZ PRADOの”TABU”とかあるじゃん。)
それがノベマスの中にパロディ色がないままストーンと入ってしまっていることに感動した。

「ノベマスの文法」なるモノをいろいろと考えているけど、
ニコニコ動画に属しているからこそのサブセットの文法も存在していることは疑いようがないtと思う。
でもノベマスはノベル系美少女ゲームの文法をかなり強くうけていることも確かで。(ま、そういう文法を前提としている作成ツールの存在もデカイんだけどさ)

ぐたぐた悩むよりも自分でノベマスを作った方がより早く深くノベマス文法を把握できるような気がするんだけどさ、時間が本当にないんだよなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/06/24(水) 03:01:20|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昨日の富山→羽田便に見慣れない層がいるなと思ったら…… | ホーム | 時間(とき)の雫>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pozipozi.blog25.fc2.com/tb.php/159-c6351287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。