pre-posi blog

イラスト・写真・ニコニコ動画など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日のNovelsM@ster 「アイドルマスター アイ、マス増す その1 午前(画質向上)」

アイドルマスター アイ、マス増す その1 午前(画質向上)


841プロで繰り広げられる雪歩、千早、やよい、貴音、Pを中心としたドラマ的ノベマス。
(ここから下はネタバレあり)


それぞれのキャラクター属性は千早以外はアイマスと大きく違っていて

萩原雪歩  …… ユニット「モンゴリアン」リーダー。
高槻やよい …… 孤児。現在はPと同居中。841プロ社長。
如月千早  …… ユニット「モンゴリアン」メンバー。
四条貴音  …… ロリ事務員。貧乏。

となっている。
後、ゲスト的立場で、響、真、伊織、春香、が出演している。
あふぅもこの後出てきそうな気配。

登場キャラクターの中で一番の改変であるロリ事務員貴音の破壊力はすごい。
ここまで四条貴音がいじりがいのあるキャラだとは思わなかった。


さて、感想をば。

最初このノベマスを見たときに、雪歩のステレオタイプ的なイメージとは正反対の役割を担わせたことに「Why?」となった。(酔っぱらうと外人になるんです。)
そして、やよいや貴音に関してもステレオタイプとは正反対の設定改変を行っている。例外が千早。

これ……意識的にやってる……よね。

思いつきでやっていたのならゴメンナサイなんだけど、こういうのに何らかの理屈を推測したくなくるのが人間の性というわけで。

多分ね、ステレオタイプとは違った役割をアイマスキャラに担わせることによって「キャラ転がし」をやろうとしたんじゃないかなー、思うんですよ。
要するに読み手が感じる「違和感」を「キャラ転がし(=キャラの展開)」の発射カタパルトにしようとしたんじゃないかなー、なんて。
このPのキャラ同士のかけあいが手慣れている――というか「うまい」――ので、キャラを展開させる自信はあったんだと思う。口調ではなくそのキャラが持つ「ノリ」でキャラクターが描ける、という自信ね。

かけあいが手慣れていると感じたのは訳はね、台詞の余韻を生かそう生かそうとしているような気がするの。キャラの一人が叩き出したリズムを他キャラが殺さないように神経使っているなー、感じるところがあるわけ。

リズムを殺さないように気を遣っているから、リズムの強制休符である場面転換の切れ味が鋭くなるんだよなぁ。


正直、このノベマスの最初のぱっと見インパクトは薄いと思うの。
でもね、話を展開させる力はすごくあるの。読み始めたら離さない力があるの。


昔、ジミー・スミスというオルガンジャズの巨匠がいて、
フュージョンだらけのジャズフェスに出演した際に

「さぁ、本物をやろう」

と言ってメンバーとともに舞台に上がったらしいの。


このノベマスを読んでいるとそういう昔のエピソードがふっと心にうかんだの。

このノベマスを他人に紹介する時に「ロリ貴音がかわいい」としか言えないことがすごく歯痒いの。それはこのノベマスを紹介したことにならないの。
ダイアログの掛け合いがうまい、と言っても普通の人は「?」なの。だから「すげーんだよ」としか言うしかないの。

だから大事なことだから2回繰り返して言うの。

このノベマスすげーよ。
このノベマスすげーよ。



でもシリアスな場面で「モンゴリアン」は吹くの。

ザ・キャットザ・キャット
(2007/11/21)
ジミー・スミス

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/06/08(月) 00:38:35|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日のNovelsM@ster 「アイドルマスター 春香の母の初ミーティングを捏造してみた」 | ホーム | 今日のNovelsM@ster 「アイドルマスター ゴーストスイーパー貴音 【1dayM@STER】」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pozipozi.blog25.fc2.com/tb.php/154-2cb33b13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。