pre-posi blog

イラスト・写真・ニコニコ動画など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日のNovelsM@ster 「事後」

事後 一話


事後 最終話


朝明けの空はどこか物寂しい。
新しい一日が始まるとは、前日の出来事をすべて霧散させること。
だから、朝明けの空を見ると耳を塞いでも亡き前日の咆哮が聞こてきそうだ。

このノベマスはそんな前日の咆哮に心を振るわされた3人の物語である。

ただそこにいて微笑んでいる音無小鳥と、
そんな彼女に追いつきたくて、対等になりたくて、認めて欲しいPと、
彼に対して尊敬と恋慕とを入り交じらせながら「演技」をしてしまう天海春香の
さざ波のようにとても静かな、物語。



サムネでクリック余裕でした。



……そうか、ストッキングか。
小鳥さんのストッキングを破いたのかー、へー、破いて、ほほぉお。


P、代れ。
スポンサーサイト

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/05/26(火) 00:34:52|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

おっぱいを描いていたため更新の間隔が空きました。

ニュー・シネマ・ハルカ


歌って踊れるアイドル女優を目指す天海春香が、
どういうわけかブラッディな女優への階段を全力ダッシュで駆け登っていくノベマス。

これ面白いよ。

基本「どーしてこうなるの!」系のコメディタッチのノベマスなのだが
そこに

・実在の「キャラが立っている」日本映画の関係者。
・「蒲田行進曲」「仁義なき戦い」「皇帝のいない8月」「女囚さそり」などの「非アイドル・非文芸」系映画。
・おい外道。

が加わって独特の雰囲気を出している。
端的に言えば「活動屋臭さ」がぷんぷんしているノベマス。

そして映画の狂気に飲み込まれるうちに
段々と「凶暴化」していく春香さんが、何故か可愛い。


これを見ていると
「このノベマスをゲラゲラ笑いながら見ているビザを咥えた少年タランティーノ」
というイメージが心に浮ぶんだよなぁ……。

  1. 2009/05/25(月) 00:02:24|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

カフェ「梓」へようこそ


亡くなった?両親が遺したカフェ「梓」の女主人あずさとその店のお客たちのノベマス。
各アイドル達の設定は次の通り。

真……この街の新住人。
あずさ……カフェ「梓」マスター。両親が遺した喫茶店を継いでいる。
やよい……あずさの姪。たまに手伝いに来ている。影の主役。
律子……小説家。
亜美・真美……やよいの友人。
伊織……やよいの中学の先輩。
春香……カフェ裏ケーキ屋『太陽のジュラシー』のパティシエール(カフェ「梓」ケーキはここから購入)。まいどー。
雪歩……道場破り(但し緑茶派)。あずさの紅茶に陥落。

喫茶店幻想というのはあると思う。
あだち充のマンガにおける喫茶店のような、はたまた、きまぐれオレンジロードにおのける喫茶店のような「あの感じ」、「あの雰囲気」。
学生時代、喫茶といえばマクドナルドでだべってた記憶しかない自分はそういう「喫茶店」の記憶を持っている方々が正直うらやましい。

そんな喫茶店ファンタジーの元で展開されていくノベマス。
ストーリーは喫茶店という空間の中に限定して繰り広げられる。
その空間の主人はあずさ。そして影の主役のやよい。
今回やってくるストレンジャーは誰?


※そーいや、昔べろべろに酔っぱらった状態で音大の友人と上野の喫茶店に入ったとき、まさに漫画の世界にあるような光景が現前してびっくりしたことがあったな。酔いが醒めた。自分のリアリズムの中にはあの光景は無かったよな……現前している現実が自分のリアリズム文脈に合わないっていう経験はある種の転機だった。


こういう話を見ているとノベマスの「自由さ」というのがうらやましく感じる。
二次創作っていうのは基本的に「基本設定から外れない」というのが大原則であり(さらにネット上の相互監視がその圧力を強めたわけだがだが)、
どうもノベマスの世界ではそういう枷が外れてしまっている。

ここら辺に自分はノベマスの可能性を見たい。


初音ミク楽曲が「初音ミクが歌っている」ということがバズワードとなって、多数のネット上のアーティストに注目が注がれるキッカケとなったように、
ノベマス作品も「アイマスキャラが演じている」ということがバズワードとなって、多数の作家達に注目がそそがれるキッカケになってくれないかなーと思う今日この頃。

どうすっかね?

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/05/20(水) 00:11:05|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

アイドルマスター 新番組「アイドル寮空室あり!」CM風味


アイドルマスター アイドル寮空室あり!第1話(前編)


レトロな家屋に多数の下宿人が住み、
トイレ・バスは共用で、
食事は賄いで一緒に食べる。

こんな舞台で繰り広げられるマンガといったら

「ラブひな」があり、
「ここはグリーン・ウッド」があり、
「前略・ミルクハウス」があり、
「陽あたり良好!」があり、(建物はレトロじゃないけどさ)
いろいろあるわけだが、

そのなかでもやはり「めぞん一刻」は外すことができないだろう。


このノベマスは「めぞん一刻」の設定をベースにアイマス風にアレンジを加えた作品である。
要するにレトロな佇まいの長屋に一癖あるアイドル達が共同生活を送っているわけだ。

その中でも貴音さんがかなり「怪しい人」になっているんですが……。


そして挿入される「悲しみよこんにちは」のイントロのギターフレーズ。
これだけで「おおっ」と思わず視聴してしまう。名曲の力は偉大だわ。


まだ始まったばかりで、これからどうなるんだろう?という思ってしまうことは否定できないが、
「良い雰囲気」を最初からがっちりとキープしている感じが伝わってきていて
続きがが楽しみなシリーズである。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/05/18(月) 02:53:13|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsm@ster

【ビジュアルサウンド】 ああ…雪歩様 【フランス書院】


女王様と奴隷のお話。
あー、その、いわゆるSMを描いたノベマスです。

これはネタとしてサドマゾの話を描いた作品ではありません。

マジものです。


お話はサディズムに目覚めた雪歩が
マゾヒストのPと一夜のプレイをする、
というものですが、ヤバイヤバイヤバイ。

愛撫や挿入などありませんが
雰囲気だけでエロいです。

テキストレベルがかなり高いです。ちゃんと官能小説スタイルになっています。
この制作Pはかなりの猛者だと思います。
(昔、とある事情で官能小説を古本屋で大人買いして研究したことはありますが、
 最近はぜんぜん日本語官能小説※を読んでいないので今の流行がよくわからないのですが。)


これまでのノベマスとはちがった方向へ向かう『ヤバさ』が
この作品にはあります。


何かに目覚めてください。


※洋書のポルノ小説はまぁ……その……「本能」で読める英文として重宝しているんだけど……。


ザッヘル=マゾッホの世界 (平凡社ライブラリー)ザッヘル=マゾッホの世界 (平凡社ライブラリー)
(2004/11)
種村 季弘

商品詳細を見る

中学英語でアメリカン・ポルノが読める―楽しみながら英語力が身につく本中学英語でアメリカン・ポルノが読める―楽しみながら英語力が身につく本
(2005/12)
中村 康治

商品詳細を見る
Best Women's Erotica 2008Best Women's Erotica 2008
(2007/11/28)
Violet Blue

商品詳細を見る

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/05/15(金) 00:30:40|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

アイドルマスター 『だるき家の猫』 前編


アイドルマスター 『だるき家の猫』 後編


雑居ビル一階の居酒屋「だるき家」あたりを縄張りにしている老野良猫と
765プロアイドル達の日常とちょっとした事件を描いたノベマス。

ストーリーでぐいぐいと引っ張っていくタイプではなくて、
猫とアイドル達がいる風景をスケッチ的に追った作品だと思う。

アイドルのキャラクターを描くのではなくて
あくまでも「猫とアイドルがいる風景」を描いているため
「遠くから双眼鏡でのぞき込んでいる」ような感覚を「見る側」は受けるのではないだろうか?

ただし、後半になると事件がおこり「見る側」は一気にアイドル達の近くに移動させれられる。
つまり通常のノベマスの「見る側」の位置に戻されるのだ。

そして事件が解決し、また「見る側」は遠くへと戻される。


こういう舞台との距離感というのは他のノベマスでは味わえないと思う。




テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/05/13(水) 02:28:45|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

【アイドルマスター】The Idol of the Rings プロローグ&OP


アイマス + 指輪物語 のノベマス。

映画「The Road of the Rings」とそのゲーム版、
および映画でカットされた原作シーンも取り込んだ
本気のノベマス。

もちろん指輪物語を知らなくても楽しめる。
(指輪物語を未読の私がいうのだから間違いない。)

作中では小鳥さんが指輪物語マニアという設定なので
「全てを知っている」小鳥さんがどう動くのかが個人的に楽しみ。
(まだストーリーに食い込むような出番はないんだけど)

あと文体がある訳文スタイルにかなり忠実らしいです。
よーやるわ。


関係はないけど現在この本を読み中。

Aspects of the NovelAspects of the Novel
(1956/06)
E. M. Forster

商品詳細を見る


文芸に対する教養の足りなさと痛感しながらも、
学生時代にさんざん日本人の文芸批評を読んできたのでこれ以上「批評系日本語」を読みたくないので
ぐるぐる考えた結果選んだのがこの本。

へなちょこ洋書読みの自分でもなんとか読めそう。
(もちろんFosterに対する批判もあることを考慮にいれて読んでいるよ。※)

とにかく読み切ろう……。

※最近ようやく気づいたんだけど、本を「教科書」として読んでしまう人と「資料」として読める人って明確に区別できるような気がする。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/05/11(月) 00:45:27|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsm@ster

《たんぽぽ娘》 【アイマス×SF名作劇場】


Robert F. Youngの名作短編SF ”The Dandelion Girl" を元にしたアイマス。
普通に検索すれば原文と日本語訳がネット上にあります。

たんぽぽ娘、及び The Dandelion Girl と言えば個人的には「ラーゼフォン」なのですが
どうも最近の若人はCLANNAD 経由で知っておられるようです。

原作はハインラインの「夏への扉」と同じく、ニヨニヨして読んみながら
「おっ、俺、ロリコンじゃねーよ!」
と心の内なる他者に弁明してしまう作品です

原文の表記を読み間違えていました。ヒロインの年齢はtwenty-oneで21歳です。
どうしたらtwenty-oneとtwelveを読み間違えるのだろう?

どうぞお楽しみください。

ラーゼフォン 多元変奏曲 初回限定版 [DVD]ラーゼフォン 多元変奏曲 初回限定版 [DVD]
(2003/09/25)
下野紘久川綾

商品詳細を見る
[今日のNovelsm@ster]の続きを読む
  1. 2009/05/09(土) 12:59:53|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

【はるか、おしまいの日】《1》(アイドルマスター・ノベル)


とある地域(鎌倉?)のコミュニティラジオで初めてのレギュラー番組を持つことになった新人アイドル、「萩原雪歩」。
そしてその番組に送られてたリクエストの手紙。

――――萩原雪歩さんへ、病院から聴いています。

そう始まる手紙がリクエストしたのは「懐かしい曲」。


「天海春香」
トップアイドル<だった>一人の少女。
彼女が表舞台から姿を消して久しい。

――――今、彼女はどうしているのか?

彼女と同期の元アイドル律子は、その質問に口をつぐんだ。
律子は何かを知っている?


すでに「何か」が始まっていた。


雪歩は公園で不思議な雰囲気を持つ少女と知り合う。


――――ハルカでいいわ。

――――ええ。私は、音無ハルカっていうの。


彼女はラジオから「懐かしい曲」を聞いた。
心を病んだ「妹」と共に。


――――妹はきっと、次もあなたのラジオを聞くわ。


以上があらすじ。
切ないホラー・ミステリ風のノベマス。


とにかく読め。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/05/06(水) 22:35:55|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

Im@s princess 第1話「わた、春香さん」 エンコ修正



アイマス + シスプリ のノベマス。

はいはい。
おっさんホイホイ。おっさんホイホイ。


「兄ちゃま」とか「チェキ」とか
おっさんどもの黒歴史を蘇らせる呪文がいっぱいの作品。

それはそうとして、
この作品のノベマスとしての魅力は(よい意味での)「生ぬるさ」ではないかと。

ネタ的なバイオレンス要素(オチ要員としての春香など)とかセクシャル要素があるけれど
根底にはこの「生ぬるさ」が脈々と流れていてそれがこの作品の雰囲気を決定しているような気がする。

多分、この作品は作者Pがものすごく楽しんで書いているんじゃないかな?
書き手の「楽しさ」って波長が合えば読み手にも伝わってくる時があるわけで、
さらに、一度二次創作というものに手を染めた人間だったらその「楽しさ」を受信する感度はさらに高くなる(はず)。

ネット同人活動というものが複雑化して、
たまに、二次創作における作者と読者の距離の「近さ」を忘れるときがあるんだけど
これはその「近さ」を思い出させてくれる「生ぬるい」ノベマスだと思う。。


作者が刻む創作の息遣いを聞け。





  1. 2009/05/05(火) 23:51:19|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

舞台裏にて 1


チヒャーロック・ホームズ 1


ドットキャラの絵による舞台劇「チヒャーロック・ホームズ」
そしてその舞台裏を描いたノベマス「舞台裏にて」

一方はホームズ風の「状況提示→探偵役による説明」という帰納法的手順を踏えた「推理もの」
そしてもう一方は幻想・ファンタジー的な作法で描かれる「ダンジョンもの(?)」

このような二つの物語スタイルを交互に行き交いしながら
物語が進行するノベマスである。

まずはご覧あれ。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/05/04(月) 15:14:41|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsm@ster

【Novelsm@ster】 夏と彼女の墓 【合作】


伊織 + 春香のノベマス。
ノベル風の綺麗な作品。

これは物語というよりも「詩」であるように思われる。
作品内にちりばめられた断片的な「事柄」から何が想像できるだろうか。
または、自分の中の「アイマス世界」にこの作品がどのように組み込まれていくのだろうか。


詩的な装いを帯びた作品は
記述を指して「明確ではない」と思いながらも
読まれた瞬間にすでに「明確になっている」。
ただそれを他人に語るのは何故か「怖い」。

不思議だねぇ。
pixiv用のエロイ絵を描いていると
なぜ心は賢人になるのだろう?

……ふぅ。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/05/02(土) 00:02:49|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。