pre-posi blog

イラスト・写真・ニコニコ動画など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の NovelsM@ster

華麗なれぅ事務所 第一話


今日は別のノベマスを紹介しようと思ったのですが、
何気に見ていたこのノベマスが非常にインパクトがあったのでこちらを。


いやぁ……
これは酷い。(いい意味で)

ま、その、なんというかーか。

この発想はなかった。


最初は普通のノベマスか~と思っていたのですが
第一話の最後の最後でやってくれました。

ウィスキーの炭酸水割り吹いたわ!
鼻にウィスキーが入って、もう、つーん!きたわ!
これはねーよーっ(笑)
腹と鼻が痛てぇー(笑)


エリコー! エリコー!



スポンサーサイト

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/30(木) 22:16:53|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

im@s時代劇 「THE HISS@TSU」


必殺シリーズ + アイマス のノベマス。

同じノベマスPが手がけている必殺シリーズのノベマスは
テレビ時代劇のテンポの良さ(あとセンスの良いチープさ・コント番組っぽさ)を再現しようとしているが
こちらはゆったりしたストーリーで「読ませる」ことを目指している。

このPの必殺シリーズノベマスの特徴として
メタ的な発言をアイドルたちにさせることによって
「アイマスのアイドル達が必殺シリーズを演じている」ことを
視聴者側に知らせ、劇を離れたアイドル達の関係性を漂わせる点がある。
(この「関係性」とはノベマス文化の中での共通理解のようなもの)

ただし、そのメタ発言はうまく整理されており、
ストーリー自体の邪魔にならない。ここらへんはうまいと思う。

「必殺シリーズ」および「アイマス」の物語内の役割から離れた「キャラクター性」の認知の強さが
(「アイマス」のゲーム内ストーリーがどのようなものかはまだ考える余地があるけど)
このような「二重の関係性」のスムーズな導入を可能としているのだろうか?


※ちなみに「キャラクター性」が微弱な物語って具体的にどんなのがあるだろうと考えたけど
「学習マンガ」とか「経営学を学べる小説」とか「あることを説明するために『物語』を導入する」
というコンセプトの作品がそうなんじゃないだろうか?

 最近あるある物事を「萌えキャラ」で説明するというコンセプトの出版物は
根本的になにかが間違っていると思う。
 濃厚なキャラクター性を持たない萌えキャラはただの絵だ。
 絵が触媒となって生み出される「心象」が大事なのっ。


テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/30(木) 01:08:01|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

やよいを観察してみた  【やよいおり編】


やよいを観察してみた  【ある日のレッスン編】


上がやよいと伊織
下がやよいと千早
のダイアログを中心としたノベマスです。

でも、僕はね
これは春香さんノベマスだろっ
と思うわけですよ。

このノベマスというのは、アイドルマスターのキャラクターをある程度知っていないと
やよいと伊織、やよいと千早の関係性に萌えないと思うんですわ。

でもね、ここで描かれている春香さんは、
多分初見でもその魅力が伝わる、と思うわけで。

春香さん、あんた輝いてるよ。

キュート、なんですよ。春香さんがとても。

なんか、この春香さんを見ていると

明日も頑張ろう

と思っちゃうんですよ。
うんうん。


元気、いただきましたっ!

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/28(火) 22:59:25|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

酒m@s劇場00 あずささんの悩み?


酒m@s劇場01 いざ居酒屋へ


かもすぞ~
女装男子目当てに「もやしもん」を読んで酒(知識)にはまったのはわたしだけではないはず。


基本的に、

日本酒 + 料理 + あずさ
+小鳥さん
+その他

のノベマス。
上の動画ではまだ日本酒は出てきませんが。

やばいよね、
こういう食欲をそそれるノベマスは。


あ、そうそう個人的にお勧めの日本酒は
立山酒造
の「立山」シリーズですかね。辛口の日本酒です。

というかもろ地元の酒なんですが。子供の頃から身近にあったお酒です。
故郷を離れていろいろとお酒を飲んでみたんですが、一番「落ち着く」のはこのお酒なんですわ。
「すっと飲める感じ」が身体のリズムに合っているというか。

それと焼き魚かな。うんうん。



さて、明日辺りにお酒を飲みながら


女装少年アンソロジー (ガンガンコミックスアンソロジー)女装少年アンソロジー (ガンガンコミックスアンソロジー)
(2009/04/22)
スクウェア・エニックス

商品詳細を見る

でも読むか。

プラナス・ガールおもしれ~。


テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/28(火) 07:28:14|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

アイマス 勝手気ままに紙芝居 第1話


ボケっぱなし空間へようこそ。

独特なセンスが光るノベマス。

確かに、これは……変なノベマスだ。
でも、おもしろい。

登場人物全員が妙な方向へ突っ走っているため、
ツッコミ不在のカオスな空間を楽しめるかどうかが
このノベマスを堪能できるかどうかの分かれ道になるだろう。

俺、個人的に、こういうの大好き。




しかしノベマスにおいては挿入コメントは
結局は「ガヤ」のポジションに収まってしまうんだよなぁ。

前は(「ニニンがシノブ伝」経由の考えなんだけど)ニコマスのコメントは「パタリロのタマネギ部隊ポジション」なんだと思っていたけど、
そこまで積極的に物語に介入しないという点において違うように感じるようになった。
むしろドリフの舞台における「志村ーっ、うしろーうしろー」発言ポジションの方が近いように思える。

ノベマスをいろいろと見ていると明らかに挿入コメントを期待しているものがあるんだけど、
挿入する側もなんらかの「ガイドライン」を必要としていて、
それを作品内で示してあげないとコメント挿入をしてくれないのではないか、と思う今日この頃。

コミュニケーションって難しい。


そういえば昔「ようこそシネマハウスへ」というエロゲーがあってさ……
  1. 2009/04/27(月) 00:52:14|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

【もしも】Pとあのアイドルが兄妹だったら?【シリーズ】


嬉しい動画である。

春香が妹だったら。
美希が妹だったら。
そんなシュチュエーションを描いた作品である。

うむ。

【以下紳士タイム】

描いてないけど
真が姉、というのも悪くない。
成長した亜美真美が双子の姉というのも悪くない。

背の低いおねーちゃんって……いいよね?
それもダブルだぜ?

あずささんが実は中学生(年齢をごまかして芸能活動している)というのも……良いよね。
あずささんが中学性の制服を着て、年相応に「おにーちゃん」と言う姿を想像してみ?
そして芸能界では無理して「年上キャラ」を演じているわけだ。「外見が老けているから」という理由で。

……ごめん、なんか無理だ。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/25(土) 23:25:55|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

○○○ない○○○○○の1日 第1話


黒くない、961プロの1日。第5話 『春香と春閣下』その01


961プロにやってきたPを中心とする「優しさ」に溢れているノベマス。
こういう「掘り出し物」があるからノベマス巡りは楽しいのだ。

イノパクト重視の作品が並ぶ中で、耳元で大声で叫ぶような作品が並ぶ中で
このような「優しい物語」はとても心地よい。

第5話の
「『春閣下』を演じることに疲れてしまった春香の再出発」
を描いた作品もとても優しい物語となっている。


ああ、優しさに包まれてぇー!

ちなみに今日のブログ更新は
タブレットで女の子のおしりを描いていたので
予定よりも遅くなりました。
桂正和は偉大。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/25(土) 21:45:52|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

勘違い春香さん。 【NovelsM@ster】


天海春香を「勘違い役」に充てたノベマス。
(最終話のあれも「勘違い役」だと思う。)
コンパクトにまとまったコメディを堪能できる。
こういうのを見るとコメディはパターンだな、と思ってしまう。

ところで
春香に「古い少女漫画のヒロイン」っぽいところがある、と感じるのは自分だけだろうか。
「ときめきトゥナイト」とか……あの辺りのラブコメ系の。
あとコバルト時代の新井素子が描いた女主人公とかさ。

そんな連想から春香には独特の属性があるような気がする。
「何かを書込まずにはいられない『空白』属性」がそれである。
別の言い方をすると、違うものになる「上書き変身」ではなく、次から次へと「書き足し」を求める属性かな。

彼女は常に欠乏しているのだ。
だから紳士、……下僕、……えーっと、アレ達は
そこを何かで埋めようと欲望する。


ノベマスにおける春香のポジションは
「キャラが立った」時よりも「キャラが立つ前」を見ていた方が
より深く理解できるのではないかと、と思ってみたりなんかして。


オハリ


わたしは小鳥派ですけどね。


……今度こそ、オハリ。




テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/25(土) 00:02:03|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

アイドルマスター 第三者から見たアイドル達【千早編】


Pとアイドルの関係を第三者から見るとどう見えるか?を描いた作品。

というよりも、Pとアイドルの間に第三者(♂)として入ると、
こんな「こそばゆい」体験ができちゃうぜ、
を示してしまった作品。

こういう社会人になりたかった、と思わせてくれるノベマス。

現実の法人組織内ってさ、やっていることは小学生レベルの連続だからね……。
新入社員を見ていると「組織内でこいつら一番大人じゃね?」と思うことが時々あったりして。


いやー、参ったね。



テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/23(木) 23:37:57|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

EVE ─ THE IDOL M@STER ─ day1-1 小次郎編


EVE ─ THE IDOL M@STER ─ day1-1 まりな編


PC98時代のエロゲー名作を下敷きにしたノベマス。連載中

元ネタの「EVE burst error」というのは、
「DESIRE」等で導入した「ザッピング」システムを発展させたシーズウェアの作品である。

――小次郎とまりなが互いに正体を知らないままネット越しで協力してネットワークのガードを突破するシーンにはそりゃ感動したもんさ。
――でもさ、ISPを経由せずにインターネットに繋げるってよくわかんないよ。

 という古い思い出話を置いといて、
 このようなザッピングシステムの魅力とは「操作キャラが第三者から見てどう見えるか?」ということを知ってしまうことの快楽があると思う。
ギブソンの「ニューロマンサー」で主人公が第三者からどのように見えるかを描写したシーンを読んだときの快楽と同じようなものだろうか。あーたとえが古い。

 こういう「自分は客観的に見たらどう見えるか」を知りたい欲望というのは確かに存在すると思う。そういう欲望を満たしてくれるのが「ザッピング」という形式であり、このノベマスはそういうところを回収してくれると期待している。

あー、
「週末のすごしかた」とか「雫」とか「痕」とか「書淫」とか「黒の断章」とか「D’ark」とか「果てしなく青い、この空の下で…」とか「ジサツのための101の方法」とか「はっちゃけあやよさん」とかとアイマスを組み合わせたノベマス誰か書いてくれないかなー。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/21(火) 23:54:00|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsm@ster

TRIM@S TRICK1「歌姫楽園 その1」


TRICK + IM@S のノベマス作品


やばい。

違和感がない。

千早の声が仲間由紀恵に聞こえるwwwwwwww


TRICK独特の雰囲気を再現しようといろいろと頑張っている作品。
もともと堤監督の演出はアニメ(というかエヴァ=実相寺監督※)的なノリがあるから
アニメ風キャラと違和感がないんだろうなぁ。


いや、本当によーやるわ。

※個人的にはここにキューブリック監督を入れたい。ドイツ表現主義でもいいや。


[今日のNovelsm@ster]の続きを読む

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/20(月) 23:25:17|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

善永さんのプロデューサーな日々(仮称) 第1話


現在、2話以降の投稿は止まっているが舞台装置的に、あとキャラクター関係的に
おもしろい宝物がいろいろと詰まっている一品。
続きが待ち遠しい。

最近、ノベマスのPは既存のキャラクターに負けないくらいのキャラ性が必要なのかな?と思っている自分としては、
そのPに「善永記者」を持ってくるというアイディアに、なるほどと思わざるを得ないわけで。

確かに、
既存のキャラ(善永記者はそんなにキャラが立っているとは思えないけど)をP に据えることで、
キャラを立てる作業が大幅に軽減でき、かつそのキャラの「持ちネタ」が使える。

その一方で既存のキャラを持ってくると言うことは、
キャラ「縛り」というものが最初から書き手にのしかかり、その創作の自由度を制限することにもなる。


ノベマス創作においては「P」というキャラの空白地帯に「魔物」が住んでいるような気がする。


なんでこんなことを書いているかというと
「もしも自分がノベマスを書くとしたらどうする?」
的なことを最近よく考えているからで。


現在のリアルのスケジュールを考えると多分書か(け)ないけどねー。






テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/19(日) 23:54:23|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

ある女性Pの765日記


女性Pの物語。
というより百合です。765プロ全体が百合です。
P、逃げてー。


自分的には掘り出し物ノベマスかなぁと思っているんだけど
結構有名だったたりするノベマスなのかな。


どうやら日本語を第二言語として習得されている方がかいているノベマスのようで、
日本語が所々おかしいようです。でもはっきり言ってそれほど気になりません。
全体構成がしっかりしているので、ノリでいけます。
平気でら抜き文章や変な完了形を使っていることを自覚している身からすれば、コメントでの指摘が勉強になったり。難しいようねぇ、日本語。

しっかし、すげーな、ノベマス。
第二言語が日本語の方が普通に表現系コミュニティに参加しているなんて
近代以降の日本の歴史からすれば「事件」だぜ。多分。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/19(日) 20:42:58|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

【愛m@s24】 ある日の風景


【Voc@loidM@ster祭り】ある日の風景X


【im@s新年会】茜色の空に


おい外道

はい。


いわゆる「おねーさんがイイコト教えてア・ゲ・ル♪」系のノベマス。
というよりも「外道」あずささん主人公のノベマス。

ちなみにノベマスのVocaloidクロスオーバーで一番最初に見たのがコレでした。


テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/19(日) 16:21:38|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

アイドルマスター lily's 第一話前編



「もっと評価されるべき」ノベマスの一つ。
一見普通の百合物語なんだけど演出が非常に細やかでセンスある一品。
自分なりに紹介すると、


偏在する鏡者たちの物語


二項のそれぞれを背負わされた者達は互いに相手を否定する。

わたしはわたし。あなたはわたしの「鏡」?
違う。わたしはわたし。あなたがわたしの「鏡」。

コワレルベキナノハアナタ―――。



一見百合風味の物語だが、なにか裏がありそうな感じがするノベマス。

どこかに叙述トリックが隠されているのではないか?と疑心暗鬼になる。
百合百合のシーンで「本当はやることはやってんんだろ?」と立ちふさがる湯気に疑心暗鬼になる。
最初予想していた物語の着地点とは大きく外れそうな着地点に疑心暗鬼になる。

全ての「裏」を引き受ける存在(組織)がちらりと顔をだしたりと、
形而上学※の臭いがぷんぷんとさせる雰囲気。


読み進めていくと

ええっ、そことクロスオーバーするの?


と驚くこと多数。

百合はフェイク。
何か別のものを書こうとしているぜのこのPは。
……でもやっぱり百合が書きたいだけなのか?
関係ないけどアマガミ最高ですよね?



ポクポクチーン。


というか俺って本当に特撮方面に疎いなぁ……。
クロスオーバーはネタ元を知っていないと本当に辛いわ……。



※ついでに言えばこのような存在論的思考を指す言葉に関しては日本語の「形而上学」よりも英語名の"metaphysics"のほうがわかりやすいと思う。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/18(土) 22:15:01|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

アイドルマスター ものぐさ女とアイドル達の日常 その1


アイドルマスター ものぐさPとアイドル達の日常 そのいち


「仕事をしない」Pの物語。
(いや実際はなんだかんだ言ってやっているんだけど)

最初はものぐさな男性Pの話だったのだが、
途中でものぐさな女性Pの話にチェンジした。

なんていうかこの「今までのことはなかったことにしてください」的なノリって
高度だなぁ……という感想を持たざるをえないわけで。

ニコマス内では女性Pの話は少ないので
(女性アイドル と 女性P の話って難しいと思うよ。)
頑張ってほしいと思う。

最近ようやく、
自由設定できる「P」の魅力がそのノベマスに与える影響って
想像した以上にデカイことに気づいた。
既存のアイドル達に匹敵するぐらいに魅力的なPを創り出すって、
ちょっとできないぜ……
  1. 2009/04/17(金) 23:19:44|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

アイマス 紳士バスター物語 第一話



「紳士」というニコニコ動画コミュニティ内概念がもっていた自虐性が、
意識されて明確化され、このようなノベマスを生み出した。

そういう背景的なことを考えると、なんかスゴイよな~と、思わざるをえないわけで。

んで
どうしてこの作者はPに「仕事ができない」属性を持たせたのかちょっと考えてみたんだけど、

ノベマスのPって「紳士性」を持っていることがどこか期待されているわけじゃない?
そしてね、ほとんどのニコマスのPって「仕事ができる」んだよね。ビジネス的なエリートなわけよ。
だから「紳士」と「仕事ができること」って、ノベマス内では繋がっている概念なのかな~、と。

そういうわけで「『紳士』と敵対すること」と「『仕事ができること』と敵対すること」ってノベマス内概念ではけっこう近いのではないか、だからこのPは「仕事ができない」属性を持たせられた、と妄想したわけよ。
実際、このノベマス内Pも前任の紳士性溢れるPの批判的継承者として雇われているわけだし。

あんまり整理できなかったけど、このあたりのPを巡る問題系って考えてみるとおもしろいことで出てくるかもしれないなぁ。




テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/16(木) 23:56:20|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

【アイマス架空-taleパーティL4U!】春香たちの風景 前編【NovelsM@ster支援】


【アイマス架空-taleパーティL4U!】春香たちの風景 後編【NovelsM@ster支援】


ニコニコ動画内のノベマスイベント動画としては成功した(と考えている)一本。
ノベマスが大量に作られるようになった今だと成立しにくい作品だと思う。

それぞれの「春香」を書き分けたり、それぞれの演出をうまくミックスさせたりと、
これはちょっと簡単には創れない作品だぜ……。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/04/15(水) 23:33:18|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

春魂 みんな始めはレベル1



アイドルマスター + 銀魂 + DQⅢ (+ Fate?) な作品。

自分が始めて見たときは、確か「春閣下」でいろいろと探していた頃だからずいぶんと前になる。
その頃は「銀魂」なるマンガ・アニメを知らなかった。
だから春魂を見て「なんか『妙』なマンガがあるんだな」と思っていた。

そういうパロディ元を知らなくてもこの作品はすごくおもしろかった。
最初から一気にその当時の最新の作品まで見たことを憶えている。

これはノベマスとして、キャラ中心の二次創作として「力がある」のだろう。
あと、このPの描く「春閣下」って変態だけど可憐さがあるんだよね。



ちなみに春魂を視聴した後、銀魂のアニメの方を見ましたが、
なぜかジャッキーとサモハンがでていました。


妙なのはアニメ「も」か……。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/14(火) 23:21:15|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

帰宅しておっぱいを描いていたら次の日になっていました。


アイドルマスター 愛の巣劇場その1



個人的には「ノベマス界のThe Orb」というタグをつけたいPの作品。
何故かというとこのPの作品を見ていると自分の頭の中に

Orbvs TerrarvmOrbvs Terrarvm
(2008/10/14)
The Orb

商品詳細を見る


これとか
The Orbじゃないですけど

N.D.EN.D.E
(1995/04/26)
細野晴臣

商品詳細を見る


とかがBGMのさらにその奥から聞こえてくるのー。

妙な「浮遊感」ある、妙な「トリップ感」のあるノベマスをこのPは作ってくれます。
これって一種のリスペクトすべき「才能」なんだと思うなぁ。

ストーリーとしては竹本泉風に言うと「変だぜ」、なノリです。
妙なんです。でも癖になるんです。

どうしよう?

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/14(火) 00:25:29|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

ノベル「Live for You」 アイドルマスター



NovelsM@sterの中二病マスターこと陽一Pの作品。
設定も続きも多分無いんだと思いますけど
中二マインドを覚醒(めざめ)させ、その闇を識(おびえ)るにはこれだけで十分だと思います。


―――ア ナ タ ハ ワ タ シ ガ マ モ ル カ ラ。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/12(日) 11:44:45|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

アイドルマスター Change the World 音無小鳥




アイドルマスター Stop loving you 音無小鳥




小鳥ー俺だー!結婚してくれー!


「洋楽」とノベマスの組み合わせの作品。
AORと小鳥さんの組み合わせは「きれいな小鳥さん」を生み出します。
こういう幸せいっぱいな小鳥さんと見ると嬉しくなります。

これは平日の横浜赤レンガ倉庫あたりを歩きながら
MP3プレイヤーでTOTOを聞いていると、「あれひょっとして俺、けっこうイケてる?」
と勘違いする現象と多分似ていません。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/11(土) 09:43:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

【アイマスMAD】ひびき渡る 第1話



愛識Pの作品ではこのシリーズが一番好き。
「ラノベっぽい~」も好きだけどさ、

なぜこちらを選んだかというと明確には言えないが
愛識Pの作品にシューゲイザー※「っぽさ」を感じたときに
何故が自分のアンテナがピン!と反応するようだ。

うーん、良い選曲するなぁ。

※使用曲はいわゆる「シューゲイザー」ではないと思うけど(よく知らないけど)、こうとしか言いようがない。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/11(土) 01:10:54|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

アイドルマスター 春香と灰春香



春香エンド補完系の二次創作としては注目すべき一品。
自分の内にあるSS魂を再燃させた。

これを見ているとやるな……と思いつつも、自分ならこうは書かないな……いやいや、
なんて「書いてもいないSS」に思いを巡らしてしまう。

誰でも脳内では名作が書けるものです。


アイドルマスター 灰春香と春香



「アイドルマスター 春香と灰春香」の補完的な話。
形而上学っぽい話がすきな自分としてはこちらも気に入っていたり。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/11(土) 00:29:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

アイドルマスター 「合言葉はののワ」



小鳥が未来の春香――、
つまり、二人は同一人物だった――。

というネット上のネタからは発生したノベマス。完結してます。


同じテーマで

「春香の願い、小鳥の願い」 前篇:「決して『彼女』を放すな」



というのもあります。こちらはまだ完結していません。


自分の小鳥さんのイメージとしてはCDジャケの
THE IDOLM@STER MASTER ARTIST FINALE(フィナーレ)THE IDOLM@STER MASTER ARTIST FINALE(フィナーレ)
(2007/10/24)
ゲーム・ミュージック音無小鳥(滝田樹里)

商品詳細を見る

が基本形になっています。

抱擁感あふれる姿ですね。
この抱擁感、言いかえれば全てを統べる母性感、あるいは絶対的な年上感ってのが
小鳥さんの魅力だと思います。
そして誰よりも上にいるから漂う「孤高・孤立感」というのも、これまた小鳥さんの魅力だと思います。


そういう魅力が上のニコマスで表現されているのではないかと。





テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/08(水) 23:13:46|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

エロゲーっぽいアイマス 1(修正版)



自分がNovelsM@sterを読み始めたきっかけとなった作品。

多分、真がメイド服で踊るMADに衝撃を受け、
「まっこまっこりーん♪」と真タグでニコニコを探しているうちに
このMADに出会った……と思う。なにぶん昔のことなので……。

今は小鳥派なのですが。

このMADで

・ノーカン
・売れねぇわけがねぇよ!
・ごろんごろん♪
・カタカタカタカタカタ
・フヒ歩

等のアイマス初期イメージができました。(ゲームやったことがないんです! >< )
いやぁ解毒するのに苦労しました……フヒ。

「ベルセルク」の三浦健太郎センセがニコマスにはまっているという話は聞いていたのですが
雑誌のコメントでこの作品が気に入っていることを示唆する発言が載っていた時は、
なんかねー、なんちゅーかねー、嬉しいんだけど、
「あんた何でここにいるんだ?」みたいな、戸惑いを感じたことを憶えています。

そのころは(まぁ今もだけど)NovelsM@sterってニコマスの中で本当にマイナーなジャンルで
でも昔のDNMLなどにあった「本家のイラストを借用して物語をつくっている」感じが
個人的にとても好きで、ドはまりしていた最中でした。
だから自分が大好きなマイナー分野を「有名人」も気に入っていることを知ることが
1人部屋でオナニーの真っ最中にドアを突然開けられてしまった時のような「あ”あ”あ”あ”」感に襲われてしまったのかもしれません。

公衆に曝すオナニーの存在を否定しませんが
1人で行うオナニーとはまた別のものだと思います。
前者には光への跳躍があり、後者には闇への跳躍が……

あれ? 俺何書いているんだ?






  1. 2009/04/08(水) 00:07:41|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

アイドルマスターfake story 第一話(前編)



大映ドラマ風のノベマス、なんて言っても多分わかる人は少ないような。

とにかく演出が熱い。
そして不思議なことにこの「熱さ」に違和感を感じない。ただ引き込まれる。

こういう「試練」系の話ってちょっとさじ加減を間違えると
とたんに「作り話」っぽさが出てきて萎えるわけだが、
このノベマスはそこらへんの軸をぶらさないんだよなぁ。




テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/06(月) 01:41:26|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

Heart to iM@S #01



アイマス +  ToHeart2

のお話。

ToHeart2ではなくToHeartにしておけば
立派なおっさんほいほいになったのに……と思いました。

でもこの手のほほん感って
80年代のマンガから続く「終わってしまった世界」の
「繰り返される黄昏感」系につながっているのかな、なんて。


……「原点に返れ」との言葉がやかましい昨今ですが、
その「原点」をつくった人たちは「原点に返れ」とは一番遠い人々だったのかなぁ。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/05(日) 11:20:11|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

アイドルマスター ケンゼンな765プロ 「千早の事務服編」




アイドルマスター ケンゼンな765プロ 「ちょっと歪んだはるちは編」



このシリーズのキモはやっぱり
あのオチだと思います。

もうちょっと長く続いて欲しかったシリーズです。


はるちはは正義です。
でも僕は小鳥派です。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/05(日) 10:36:06|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster

プロデューサーのいない ある日の風景1



最近注目しているシリーズ。
名前の通りPが出てきません。

ストーリーではなく、ショートコントのノリで繰り広げられるノベマス。
というよりも四コマ漫画のノリかなぁ?

こういうのを見ると
「こういうのをケータイ向けコンテンツとして発信したいなぁ。」と思ってしまうのは
職業病かしら。

……いや本当にマンガ形式のコンテンツの訴求力ってすごいんだよ。
散文形式に比べてユーザの敷居が下がり方がハンパじゃない。





テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/04/05(日) 00:34:04|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。