pre-posi blog

イラスト・写真・ニコニコ動画など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日のNovelsM@ster 「【Novelsm@ster DS】 ニセモノ星 【短編】」

【Novelsm@ster DS】 ニセモノ星 【短編】


「Starting over」で有名なにわPの最新作。
日高愛、水谷絵理、秋月涼がそれぞれ三つのスタイルで内面を表出する「語りの織物」というべき小品。

日高愛は「他者によって」内面が語られる。
水谷絵里は「告白」によって内面が語られる。
秋月涼は「省みること(内省)」によって内面が語られる。

共有される内面・共有されない内面
ポップなBGMに乗ってそんな「断絶」のサンドウィッチを食べてしまおう。

にわPのノベマスって「軽食」というイメージを何故か持ってしまうんだよなぁ。


ここからは余談。

小説において登場人物の独白的な文章を書くときにいつも「うーん」と思ってしまうことがある。
エンターティメントな小説である以上、小説のテキストは「魅力的で読めるもの」でなければならない。当然、登場人物の独白の文章は「魅力的で読めるもの」となってしまう。
つまり、「地の文」を生成する話者(≒主人公)は何も前準備なしにさらさらと「魅力的で読める文章」を紡ぐことができる「国語の成績が良さそうな」属性を避けようもなく持ってしまうことになるのだ。

そういう登場人物が作中で「お馬鹿キャラ」として扱われているとどうしても違和感を感じてしまう。
この感覚はエロゲーで通常のシーンとはうって変わって、エロシーンになるととたんにプレイヤーキャラが「オヤジ化」するのとは似ている……かな?。

リアルの仕事で議事・打ち合わせ内容をテープ起こし(最近はmp3起こしとでもいうのかね?)をしていると、人間の話す内容の支離滅裂さにうんざりする。それでもちゃんとした文章にしてドキュメントを作成しますが。
(クリエイティブ系の人はいろいろと難しいんです。無神経な奴を担当にあてちゃ駄目。後輩には言葉でちゃんとコミュニケーションしようとしてくれるだけでも有り難いと思えって言ってます。ちまたに溢れる「マンガ編集者」というステレオタイプが「非クリエティブ系の人」の「クリエティブ系の人」とのコミュニケーションの取り方を勘違いさせていると思う。)

いかん。リアル世界の愚痴があふれ出てしまった。


何が言いたいのかというと、男の娘最高上で書いたような違和感が生じる可能性が高いから、オリジナルの「追記」にならざるを得ない二次創作において「独白」をするキャラは慎重に選ばないとキャラ同士の関係性をぶっ壊しかねませんぜ、ということ。

アイマスのディアリースターズで追加されたキャラでノベマスへの一番の貢献はなにかというとキャラとして「(内向的でそれなりに国語の成績がよさそうな)少年」を供給した点にあると思う。

つまり貴重な少年系「地の文」の生成手をノベマスPは手に入れたんじゃないかと。

Pだとどうしても「大人」の男性というポジションに立たざるを得ないわけで、それがノベマスにおける道しるべであり、かつ制限になっていたような気がします。(それはそれで「大人と子供」「サラリーマン物語」的なモノを自然と組み込むことができて良いんですけど)

秋月涼を「地の文」の自然な生成者として据えたこの作品は、ノベマスにボーイ・ミーツ・ボーイガールのジュブナイル的な物語が本格的に組み込まれていく転換点になるんじゃないかなぁ、なんて思ったりしているわけで。
自分はそういう作品と読みたいし・書きたいから希望100%の推測ですが。


ここからは余談その2。

久しぶりにノベマスの文章をアップしてわけですが、その間ノベマスのことを忘れ去っていたわけではないんです。

Pixivで秋月涼ばかり見てました。

実は「愛識PとにわPの作風の差異を谷崎潤一郎の『文章読本』に依拠して記述できるんじゃないか?」なんて考えていたわけです。『文章読本』の中で谷崎は「延々と流麗に続く」自分の文章との対比として「簡潔で端然とした」文章の書き手として志賀直哉を挙げているんです。それなら「谷崎=愛識P」「志賀=にわP」としたらなんかスゴイ文章をアップできるんじゃないの?なんかテンションあがってきたあぁぁぁぁぁぁぁ!

カタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタカタ

それで実際の二人のPの文章を読み直してみたんですが、

ちょっと無理があるかな……と。

現代のライトノベルやノベルゲーム、日本文学の影響を共通して受けていそうな二人の文章を、谷崎・志賀ラインで分けるのはちょーっと無理があるな、と思ってやめたわけです。それを認めるのに数日かかりましたが。


ただ、にわPの文章の魅力は「カッティング」にあるんじゃないかな、という予感は持っています。
文章を記述する際に「ここまで書く/ここからは書かない」の線引きをけっこう意識してやっているんじゃないかと。
「、」で文章を強制的に切ったり、文中の単語を間引いている印象があるんです。文章の凸凹感が他よりも強いというか。
言い換えると文章をフェイドアウトさせずに、「ちゃんとミュートする」ことを意識しているんじゃないかと。楽器プレイヤーで言うと、感性がキーボーディストよりギタリストに近いんですよ。※



※昔とある雑誌(多分KeyboardMagazine)で、楽器のマルチプレイヤーであるプリンス(知らない人いるだろうなー)のキーボードプレイについての解説に

「プリンスはなぁ、元々はギタリストなんだよ。だからキーボードの使い方を見ろよ。ちゃんと音を切ることを意識してるだろ。それに引き替え、てめぇらキーボード馬鹿は音を持続させることしか考えてねーじゃん。バーカバーカ」

そんなことを書いてあったんです。(実際の文集とは大幅に違いますが)
プリンスだって16小節(だったけ?)しかリズムキープできないじゃん!と、その当時の自分はその記事に訳の分らないツッコミを入れてましたが。初期のプリンス曲のドラムトラックはテープをループさせて作成していたんですぜ。



文章読本 (中公文庫)文章読本 (中公文庫)
(1996/02)
谷崎 潤一郎

商品詳細を見る


ControversyControversy
(1994/10/19)
Prince

商品詳細を見る


ここはグリーン・ウッド (第1巻) (白泉社文庫)ここはグリーン・ウッド (第1巻) (白泉社文庫)
(2000/12)
那州 雪絵

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/08/03(月) 02:12:52|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster 「【アイドルマスター】ハジメテノオト」

【アイドルマスター】ハジメテノオト


初音ミクの初期のメジャー・チューンである「ハジメテノオト」をベースにしたアイマス。

「ハジメテノオト」を「はじめて・の・おと(初めての音)」と読ませず、
「はじめて・のおと(初めてノート)」と話し手である春香に強引に読ませるテキスト手法に「ほほぉ」とニヤニヤする。
このダブルミーニングを「発見」した段階で制作Pはガッツポーズをしたことだろう。

話としてはシンプルで、
孤独の中、歌に対する意欲を失いかけてきた春香が
偶然目にした過去の仲間との思い出の品から次へのステップを「発見する」、というもの。
「知っているモノから知らざるコトを見つける物語」と書けば、「青い鳥」など過去作品のモチーフを媒介としたある種のラインが見えてくるかもしれない。でもそれはちょっと荷が重い。
(過去の作品との反響関係を仮定する、ということもやりたいんだけど残念ながら自分にはこの手の教養がない。)

注目したのは「発見」した後に流れるシークレット・チューンの位置づけ。

この作品においては「ハジメテノオト」は前座だと思う。いわゆる「温め役」だ。
主役は語りのプロセスを通じて感情的な高ぶりに達したとき、流れる「あの曲」なのだろう。

で、この曲の出現が一種の「どんでん返し」を成立させたと自分は思う。
「どんでん返し」を行うのは登場人物や物語状況ではなく、作中にかかる曲だった……ということが妙に感動してしまった。

曲そのものが「キャラ」になっちゃっている。
確かに曲が「キャラ」になるのは珍しいことではないんだけど(加藤茶の「ちょっとだけよ」にかかるPEREZ PRADOの”TABU”とかあるじゃん。)
それがノベマスの中にパロディ色がないままストーンと入ってしまっていることに感動した。

「ノベマスの文法」なるモノをいろいろと考えているけど、
ニコニコ動画に属しているからこそのサブセットの文法も存在していることは疑いようがないtと思う。
でもノベマスはノベル系美少女ゲームの文法をかなり強くうけていることも確かで。(ま、そういう文法を前提としている作成ツールの存在もデカイんだけどさ)

ぐたぐた悩むよりも自分でノベマスを作った方がより早く深くノベマス文法を把握できるような気がするんだけどさ、時間が本当にないんだよなぁ。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/06/24(水) 03:01:20|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster 「アイドルマスター 『きらめく舞台で、また逢えぬ』 1」

アイドルマスター 『きらめく舞台で、また逢えぬ』 1


ウェルメイドなノベマス。キャラ属性は以下の通り。

・雪歩が魔女(宮司 or 古本屋 or 拝み屋)。
・美希が保母さん
・やよいがニゴってる
・真が乙女。
・伊織がドM
・あずさがぷぅっ。and残念なツインテール。
・千早がデレ。「わんっ★」
・律子がウブ。
・亜美真美が逆? 真美のファンはパネェ。
・貴音が超展開。
・春香は通常運転?
・小鳥さんも強力に通常運転。


それぞれの登場キャラに持ち芸があり、それを披露して舞台外(=画面外)へと捌けていく。
これ何かに似ているなーと思いながら見ていると、「吉本新喜劇」に似ていることに気づいた。

吉本新喜劇はベースにベタな人情話があるのに対して、
このノベマスはベースにベタなラブコメがある。
定番の「やられ役」である恋のライバルは小鳥さんが担っているのだろう。

……俺、変なこと言ってないよね?

ベタなストーリーでがっちりと押さえているので、
それぞれのキャラは「ラブコメ」のルールさえ守っていればフリーな演技ができる。

※ラブコメのルールとは関係の成就が常に喜劇的に中断されること、と偉そうに定義しておく。


ただし、各キャラのフリーな演技に依存した話作りも7話、8話あたりから(多分)自覚的な変化を開始する。
それぞれのキャラのストーリー上の役割が意識され、それぞれのキャラが「協力」してストーリーが進行するようになる。

物語上の登場人物の「役割」と
登場人物が物語の制約を外れて表現できる「キャラクター性」が別のものとして扱うことに関しては、
マンガ評論等の分野で議論が積み重ねられてきていると聞いている。
(自分はマーケティング理論経由で知ったのですが)


何度もノベマスを制作するにつれて創作の意識の重心がキャラクターから物語へと移動したのだろうか?

このような同じ素材を何度も料理するような「連載系」のノベマスを見る時の楽しみは
制作者の意識の変化を顕著に見ることができる、という所がある。
(そういえば「小説をうまくなりたいのなら同じ作家を年代順で読んでいけ」というアドバイスをどこかで読んだことがある。あっ、関係ねーや)


あと、このノベマスはキャラのグラ改変がうまい。
これや「ちょっとだけ未来のお話」を見ていると、「グラ改変のセオリー」なんていうのがあるのかもしれない。
夏目房之助さんのマンガ表現を記号的側面に抽象して論じた書籍なんか読めば何か思いつくのかな?

図解でわかるキャラクターマーケティング―これがキャラクター活用のマーケティング手法だ! (Series marketing)図解でわかるキャラクターマーケティング―これがキャラクター活用のマーケティング手法だ! (Series marketing)
(2001/12)
キャラクターマーケティングプロジェクト

商品詳細を見る
テヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へテヅカ・イズ・デッド ひらかれたマンガ表現論へ
(2005/09/27)
伊藤 剛

商品詳細を見る

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/06/16(火) 00:10:37|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster 「合法家宅捜索」

合法家宅捜索(前編)


合法家宅捜索(後編)



一種の「ほらー」(やよいの口調で想像してください)ノベマス。

嘘です。
本当はコメディです。

いい年してひねくれたこと言いたい時があるわけで。
眠れない午前二時に苛立ちでドアを叩くと近所迷惑ですし。

でもね、「隠したい性的なモノ」が曝される恐怖というのは人類共通だと思うんですよ。
「帰宅したら自分の机の上にキレイに並べられた隠したはずのエロ本・エロDVD」なんて存在がモダン・ホラーじゃないですか。


このノベマスの物語構造はすごくシンプルで
最初に「オチ」が読める前振りがあり、その「オチ」にたどり着くまでの焦らされスカされるプロセスを経て、期待以上に弾けた「オチ」に到達する、というもの。

被害予定者はPで、「オチ」への水先案内人は春香とあずさ。

「オチ」の弾けっぷりも楽しいんだけど、
そこまでの過程も楽しい。観客との「呼吸」の取り方がエンターティメントしてりぅ~。

後、春香あずさアイドル二人の「誤魔化し芸」がとてもキュート。
(他にこんなエッジの立たない誤魔化し芸ができるのは小鳥さんぐらいかな?)



そういやさー、「DMM.com」とかさ「ぽすれん」のエロビデオ貸出履歴が流出したらどうなるんだろうね……。

テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/06/13(土) 02:00:24|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日のNovelsM@ster 「アイドルマスター 春香の母の初ミーティングを捏造してみた」

アイドルマスター 春香の母の初ミーティングを捏造してみた


「春香」の母親が登場しています。
ノベマスというよりも1シーンものなのですが。

うん。

これは、卑怯だ。(←至高の褒め言葉)

こ、こんなもの作られちゃ、ひょ、紹介せざるを得ないじゃないかかかかかかっ。


春香様の御母上様がご出演されていたあのアニメ・漫画の
ラストシーンの台詞はいつかリアルに言ってみたいと密かに思っています。





テーマ:アイドルマスター - ジャンル:ゲーム

  1. 2009/06/08(月) 23:19:07|
  2. ニコニコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。